おすすめ!資格はITエンジニアの武器になる

ITエンジニア資格info

エンジニアの資格総合情報なら!

ITエンジニア資格info

ITエンジニアの資格を取ろう

ITエンジニアの資格を取ろう
LINEで送る
Pocket

ITエンジニアと資格

IT技術の進歩はまさに日進月歩であり、一昔前にSF物語とされていたものの数々が今や現実のものとなっており、更に世界規模における高度ネットワーク社会が実現しつつあります。このような巨大な変化をもたらす一大革新を支えるITエンジニアは、まさにこれからの社会においてなくてはならない存在となっており、情報産業の従事者が将来的には職業人口の主流となることが予測されています。
保守的な傾向の強い日本においても比較的転職や起業に対する抵抗感が少なく、また異業種からの転職者も積極的に受け入れる土壌のあるIT業界では現場において求められるものも多様であり、従って資格よりも現場経験が重視される傾向があります。しかし最近では、ITエンジニアとしての将来的なキャリアを形成する上で、例えば課長や部長への昇進の条件として上位のスペシャリスト資格の取得を求める企業も増えているようです。
現場経験や技術力といった外部からの評価が難しい要素を人事考課などに反映させる上で、資格が一つの目安となる部分もありますし、また転職をする際には端的に一定レベルの実力を証明するものとして効力を発揮することになるのです。そこで学習の目標として、あるいは転職のために、資格を取得するITエンジニアも増えています。

プライバシーポリシー

当サイトでは個人情報保護方針を定め、個人情報保護の重要性を認識し、そのために有効な取組みを徹底することによって個人情報保護を推進します。
当サイトでは保有する利用者の個人情報を常に正確で最新の状態に保つため、その保有する個人情報に対する不正アクセスや破損・改ざん・紛失・漏洩などを防止するためのセキュリティシステムの維持・管理体制の整備等必要な措置を講じて、その保有する個人情報を厳重に管理するための安全対策を実施します。
当サイトでは利用者の同意の下に保有する個人情報の利用は、当サイトからの連絡や業務の案内、または利用者からの質問に対する回答のため電子メールや資料を送付する場合に限られます。
当サイトでは保有する利用者の個人情報を利用者自身の同意がある場合や、利用者の希望するサービス提供のため当サイトからの業務委託者に開示する場合、また法令等に定められる場合の他、第三者に開示することはありません。当サイトに対し利用者が自身の個人情報について、照会や修正や削除などを希望する場合には本人確認の上、速やかに対応します。
当サイトでは、個人情報の保有に関し適用される日本の法令規範等を遵守し適宜本ポリシーの内容を見直しつつ改善に努めるものです。
不明点等がございましたらこちらまでお問い合わせください。

エンジニア初心者も資格に挑戦しよう

合格できる参考書の特徴とは
合格できる参考書の特徴とは

資格試験に合格するための方法はいくつもありますが、その中で独学を選ぶのであれば参考書選びが鍵になります。そうは言っても書店には、同じ試験向けにも数多くの参考書が並んでおり却って戸惑うものですが、最終的には自分の目で確かめることです。やさしい記述は理解の助けになりますが受験までには試験問題の文章レベルに慣れる必要があるでしょう。また見た目に良さそうな体裁を装っていても中身が勝負である点を忘れてはなりません。詳しくはこちら

まずは最低限の資格を取ろう
まずは最低限の資格を取ろう

ITエンジニア向けの資格も数々ありますが、目指す以上は対外的に評価を受けられるものを選びたいものです。そこで最低限取得したい資格として、国家資格の「IPA応用情報処理技術者試験」やベンダー資格である「Oracle Master Silver Oracle PL/SQL Developer」や「Oracle Certifilied Java Programmer」、また「マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー(MCSD)」が挙げられます。詳しくはこちら

取得後のメリットとは
取得後のメリットとは

ITエンジニアにとって資格を取得するということは、仕事をするための必須条件ではありませんが、企業によっては資格手当を支給されたり昇給や昇進のきっかけとなるなど、何かとメリットがあるものです。確かにエンジニアの仕事は実務経験を通じて培った暗黙知などが重要なのですが、対外的にある程度客観的な実力のレベルを証明するものとして就職や転職の際には評価されるということもありますし、女性の場合には復職にも有利です。詳しくはこちら