エンジニア資格の勉強でモチベーションをあげるおすすめの方法

ITエンジニア資格info

エンジニアの資格総合情報なら!

ITエンジニア資格info

モチベーションを上げるには

モチベーションを上げるには
LINEで送る
Pocket

まず始めてみる

資格試験に合格したいと思っていてもいざ勉強しなければならないと考えるとやりたくなくなるという経験は誰しも覚えがあるでしょう。しかしふと勉強を始めてみると案外集中して続けているということもよくあるものです。そこで勉強をしなければならないという意識を強める前に、ふと体が先に動くよう勉強を習慣付けるということが大切です。最初の10分だけ、まずは一問一答を決めた数だけ解いてみるというものでも構いません。あるいは音声教材を聞き流すというものでも良いでしょう。自分にとってスイッチになるものを探してみましょう。そして勉強をするときには具体的な範囲や時間を決めておきましょう。勉強を続けるためには最初から欲張らず無理のないスケジュールを立てることが大切です。

右足の次には左足を前へ

資格試験には、試験問題の出題意図を正しく読み取り正しく回答することができなければ合格できません。最近の試験ではマークシートによる多肢択一という形式もよく見られますが、論文形式の場合もありいずれにせよいくら参考書を丸暗記しても使える知識として十分に活用できなければ意味がありません。そこで多くの場合、その資格試験において過去に出題された問題などを実際に解いて間違えたら基本書に立ち返って理解を深めるということを延々と繰り返すことになるのですが、これが中々に根気を要します。一定のレベルを超えると正答率も上がりますし面白くなってスイスイ進むこともあるのですが、そのレベルに達するまではひたすら一歩ずつ目の前の一問、また一問を解くことだけに集中しましょう。そのためにはやはり範囲と時間を決めて取り組むことです。

リフレッシュも大切

資格試験の勉強はわからないことばかりでストレスが溜まったり、何度繰り返してもできない自分に苛立ったりと、中々上手くは行かないものです。そこでモチベーションが枯渇してしまう前にリフレッシュしてストレスを解消する場面も忘れずにスケジュールに組み込んでおきましょう。社会人として仕事をしながら資格試験のための勉強時間を確保するには、勉強を始める時期やその試験の難易度にもよりますが何かと時間が足りないものです。
ダラダラと続けて時間ばかりが過ぎるよりも、敢えて休むことで短時間でも勉強の効率を上げる方が良いでしょう。資格試験にもよりますが、上位の資格になればなるほど試験日までの道のりは長く険しいものになります。一夜漬けでは最初から太刀打ちできない以上、試験日当日に最高のパフォーマンスを実現するためにはこまめな休息が欠かせないのです。

エンジニア初心者も資格に挑戦しよう

合格できる参考書の特徴とは
合格できる参考書の特徴とは

資格試験に合格するための方法はいくつもありますが、その中で独学を選ぶのであれば参考書選びが鍵になります。そうは言っても書店には、同じ試験向けにも数多くの参考書が並んでおり却って戸惑うものですが、最終的には自分の目で確かめることです。やさしい記述は理解の助けになりますが受験までには試験問題の文章レベルに慣れる必要があるでしょう。また見た目に良さそうな体裁を装っていても中身が勝負である点を忘れてはなりません。詳しくはこちら

まずは最低限の資格を取ろう
まずは最低限の資格を取ろう

ITエンジニア向けの資格も数々ありますが、目指す以上は対外的に評価を受けられるものを選びたいものです。そこで最低限取得したい資格として、国家資格の「IPA応用情報処理技術者試験」やベンダー資格である「Oracle Master Silver Oracle PL/SQL Developer」や「Oracle Certifilied Java Programmer」、また「マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー(MCSD)」が挙げられます。詳しくはこちら

取得後のメリットとは
取得後のメリットとは

ITエンジニアにとって資格を取得するということは、仕事をするための必須条件ではありませんが、企業によっては資格手当を支給されたり昇給や昇進のきっかけとなるなど、何かとメリットがあるものです。確かにエンジニアの仕事は実務経験を通じて培った暗黙知などが重要なのですが、対外的にある程度客観的な実力のレベルを証明するものとして就職や転職の際には評価されるということもありますし、女性の場合には復職にも有利です。詳しくはこちら