エンジニアにおすすめ!資格に合格する参考書選び

ITエンジニア資格info

エンジニアの資格総合情報なら!

ITエンジニア資格info

合格できる参考書の特徴とは

合格できる参考書の特徴とは
LINEで送る
Pocket

独学者向け参考書の選び方

資格試験に合格するための方法は今の世の中にはいくつもあります。ただし自分を取り巻く環境や自分の特性に応じて一番負担が少なく、しかも効果の大きな方法を選択することが合格への近道であると言えるでしょう。そして例えば独学で試験に挑もうと決めた場合であっても、実際のところ世の中にたくさん出回っている参考書の中からどれを選ぶのか、という選択がとても重要になります。書店の資格コーナーにはたくさんの本が山積みされていますし、インターネット上にも実際に受験生が使ってみた感想や受験生の間で熱く支持されている参考書などといった情報がたくさん見受けられます。しかし自分が使う以上は、そのような情報も参考にしつつ自分に合ったものを慎重に選ぶということが肝心です。

やさしい参考書の是非

初心者向けの参考書というと、図やマンガを多用したりやさしい文章で書かれていたりと様々な工夫が施されています。そのため難しい用語や理解しにくい構造などが明快に解説されており、根本的な理解の助けになることは間違いないでしょう。しかし実際に受験する試験問題は決して分かりやすいものではありません。独特の言い回しであったりわざと混乱させるような文章もあります。
そこで優しい参考書を基本書に選んだ場合には、それを使ってじっくりと理解を深めた後に試験レベルに応じた標準的な参考書を改めて買い足すと良いかもしれません。あるいはやさしい参考書で基礎固めを早めに済ませた後にひたすら過去問を解くというのも有効です。実際に出題された過去の問題を解くことにより試験ごとの出題の癖や自分のウィークポイントが分かるでしょう。

見た目重視の参考書の是非

試験対策の参考書であれば書かれている内容に大差はないと言えそうです。しかし例えば教師の教え方によって同じ教科書を使っていても、担当クラスの成績に差が出るように参考書の書き方によって当然のことながら独習者の理解の程度には差が出ます。
今はどのような業界も過当競争の時代であり資格試験向けの出版物も例外ではありません。とにかく売り場で目立つように見た目重視の参考書もありますし、一見とっつきにくいけれども毎年のように改訂されている定番というものもあります。どれが自分に合うのかを選ぶのは自分なのですが初学者がそれを見極めるのは中々に難しいものです。そこで身近な先輩や知人友人など、実際に使って良かった参考書を聞いてみるのも良いでしょう。ただしどんなに良いと言われても実際に自分で実物を手に取って自分の目で見て判断することです。

エンジニア初心者も資格に挑戦しよう

合格できる参考書の特徴とは
合格できる参考書の特徴とは

資格試験に合格するための方法はいくつもありますが、その中で独学を選ぶのであれば参考書選びが鍵になります。そうは言っても書店には、同じ試験向けにも数多くの参考書が並んでおり却って戸惑うものですが、最終的には自分の目で確かめることです。やさしい記述は理解の助けになりますが受験までには試験問題の文章レベルに慣れる必要があるでしょう。また見た目に良さそうな体裁を装っていても中身が勝負である点を忘れてはなりません。詳しくはこちら

まずは最低限の資格を取ろう
まずは最低限の資格を取ろう

ITエンジニア向けの資格も数々ありますが、目指す以上は対外的に評価を受けられるものを選びたいものです。そこで最低限取得したい資格として、国家資格の「IPA応用情報処理技術者試験」やベンダー資格である「Oracle Master Silver Oracle PL/SQL Developer」や「Oracle Certifilied Java Programmer」、また「マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー(MCSD)」が挙げられます。詳しくはこちら

取得後のメリットとは
取得後のメリットとは

ITエンジニアにとって資格を取得するということは、仕事をするための必須条件ではありませんが、企業によっては資格手当を支給されたり昇給や昇進のきっかけとなるなど、何かとメリットがあるものです。確かにエンジニアの仕事は実務経験を通じて培った暗黙知などが重要なのですが、対外的にある程度客観的な実力のレベルを証明するものとして就職や転職の際には評価されるということもありますし、女性の場合には復職にも有利です。詳しくはこちら