独立してフリーエンジニアになったら資格を活用して案件を探す

ITエンジニア資格info

エンジニアの資格総合情報なら!

ITエンジニア資格info

案件を探す方法とは

案件を探す方法とは
LINEで送る
Pocket

フリーランスの仕事の見つけ方

独立開業を晴れて果たしても、いざ仕事の依頼が無ければフリーランスとしての活躍も生活も「絵に描いた餅」です。開業当初から会社勤めのように仕事に追われる日々を送ることができるというのはごく限られているというのが実情であり、現実には多くのフリーランスが仕事を求めて営業活動に奔走することになります。そのためフリーランスとして成功するためには、会社勤めをしている間にできるだけ広く多くの人と出会って良好な人脈を築いておくことの大切さが説かれることになるのですが、昨今のネット事情によりこの人脈というものも必ずしもフェイストゥフェイスのリアルな関係ばかりを指すわけでもなくなっています。
例えばブログやSNSによる日常的な情報の発信によって一定数のファンやコアな読者を獲得している場合もあるでしょう。フリーランスには一般的に対外的な信用が低いというハンデがありますが、仕事の依頼先を探しているクライアント企業の中にはこのようなネット上に発信されている情報を見ている場合もあるのです。また特にITエンジニアの場合、世界的にもこれからますます盛んになる開発や新規サービス提供に向けて人材の不足が懸念されている中、日本においても人材不足が慢性化しており売り手市場の状態が続いています。そこでフリーランス向けの案件紹介サービスや専門のエージェントを通じた紹介なども充実してきているのであり、このようなサービスを利用して継続的な案件の確保を図っているフリーランスも増えているというのが現状です。
どんなにスキルがあっても仕事が入ってこなければ生活をしていくことはできません。事業が軌道に乗るまでと割りきってもいいでしょうし、とにかく営業をしたくないからという理由でもいいでしょう。このようなサービスを利用して生活を安定させることもフリーランスとして生き抜く知恵だといえます。そこで仕事の見つけ方としてエージェントの「スマホエージェント」と「レバテックフリーランス」を活用する方法をおすすめします。

「スマホエージェント」

スマホエージェント」では、スマホアプリを作りたいという未経験者やITエンジニア向けにアプリ開発講座を開講し、その受講修了後には開発現場の紹介やフォローも行うという独自のスタイルを確立しています。
あなたの転職の強い味方になるサイト
あなたの転職の強い味方になるサイト

「レバテックフリーランス」

「レバテックフリーランス」は、そもそもフリーランスのエンジニアに特化したサービスを展開しており、専門のコーディネーターがサポートします。
あなたの転職の強い味方になるサイト
あなたの転職の強い味方になるサイト

エンジニア初心者も資格に挑戦しよう

合格できる参考書の特徴とは
合格できる参考書の特徴とは

資格試験に合格するための方法はいくつもありますが、その中で独学を選ぶのであれば参考書選びが鍵になります。そうは言っても書店には、同じ試験向けにも数多くの参考書が並んでおり却って戸惑うものですが、最終的には自分の目で確かめることです。やさしい記述は理解の助けになりますが受験までには試験問題の文章レベルに慣れる必要があるでしょう。また見た目に良さそうな体裁を装っていても中身が勝負である点を忘れてはなりません。詳しくはこちら

まずは最低限の資格を取ろう
まずは最低限の資格を取ろう

ITエンジニア向けの資格も数々ありますが、目指す以上は対外的に評価を受けられるものを選びたいものです。そこで最低限取得したい資格として、国家資格の「IPA応用情報処理技術者試験」やベンダー資格である「Oracle Master Silver Oracle PL/SQL Developer」や「Oracle Certifilied Java Programmer」、また「マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー(MCSD)」が挙げられます。詳しくはこちら

取得後のメリットとは
取得後のメリットとは

ITエンジニアにとって資格を取得するということは、仕事をするための必須条件ではありませんが、企業によっては資格手当を支給されたり昇給や昇進のきっかけとなるなど、何かとメリットがあるものです。確かにエンジニアの仕事は実務経験を通じて培った暗黙知などが重要なのですが、対外的にある程度客観的な実力のレベルを証明するものとして就職や転職の際には評価されるということもありますし、女性の場合には復職にも有利です。詳しくはこちら